注文住宅、どこまで注文できる?

金額によって注文できる範囲は異なる

注文住宅は、建売住宅と異なり自分たちで考えた住宅に住むことができる点に大きな魅力とロマンがあります。そのため、イメージがしっかりしているならば注文住宅を選んだほうがよいでしょう。この時にどの範囲まで注文できるかが問題になりますが、基本的に住宅の値段に比例して注文できる範囲が決まってくると考えておけば間違いありません。 値段が高い住宅の場合は、法律の範囲内でどのような住宅にでもすることができます。例えば3階建てにすることもできますが、土地に余裕があれば平屋建てにすることも可能です。デザイナーズ住宅のように外観や内装にこだわることも可能です。玄関を広くしたいと思えば自由に広げることができますので、住宅を建築する人の希望を満たしてくれます。

最初からかたちが決まっているものもある

注文住宅の中でも格安の工務店などがありますが、金額だけでみれば建売住宅を購入するのとそれほど変わらないことがあります。それならば建売住宅を購入するよりも注文住宅を選んだほうがよさそうですが、格安の注文住宅は希望通りにできる範囲が狭いです。そもそもなぜ格安で注文住宅を建築できるかといえば、建売住宅のようにおおよその形が最初から定められているからです。その範囲内の中で自由にできるという意味で注文住宅のジャンルに入っています。
自由にできる部分は、2階部分に洗面所やトイレをオプションで設置することやシャッターを設置することなどです。また、壁紙の色やサイディングの種類や色を選ぶこともできます。ただしこの場合には追加で料金が発生しますので、その点は頭に入れておくべきでしょう。